起動戦士ガンダム00とかクラナドアフターストーリー最終話とか

                         ガンダム00はセカンドシーズンになってからある種のシビアな展開になって面白くなっていったのではないかと。クラナドはアフターからしか見てませんし、原作もほんのさわり程度しかやってません。しかし、いろいろと思うことがありましたので、00と共に語っておこうかと思います。

 武力介入による戦争根絶、という大層な大義名分の旗の下繰り広げられている新世紀ガンダムですが、ファーストシーズンの頃は妙に浮かれた明るさがあったこともあって、あまり自分の好みではありませんでした。

 それがセカンドシーズンに突入してからというもの、それまでの設定を活かしつつ、これまでそれぞれの立場で主張していた思想や思惑が激しく交差することで、だんだんと興味をもっていかれるようになりました。どの立場のどの主張が正しいかどうかではなく、置かれた状況によって考え方や価値観というものは当然違うし、各々でそれこそが正しいのだと信じている。だからこそ、単純に対話をしてみたところで意見の相違が感情的になって余計に敵対してしまうのだと思います。

 まあ、そんな主義主張のぶつかりあいもさることながら、イオリアシュヘンベルクが計画していたことの一端が見えたことで、実は武力介入に意味があったのかもしれない、と思わせる展開に激しく感心してしまいました。進化した人類による武力介入によって創出される新たな対話、これが実現されれば人類は滅びずにすむかもしれない。これまでの話での個人的な仮説ではありますが、間違った方向に向かっている人類を救済していく計画としては、割とまともな意見ではないでしょうか。それがどの程度のレベルで実現して、どのような結末を00は迎えるのでしょうか。

    


 クラナドはアフターの後半は特にKanonやAIRといった感動系ストーリーの影響が色濃く出ていました。原作からして同じメーカーの作品なので当然といえば当然でしょう。人を幸福の絶頂に持ち上げては不幸のどん底に叩き落し、最後は軌跡で全てがなかったことになって皆幸せに。という話の展開が原作の製作スタッフは余程好きなのでしょう。

 どうやら高校で恋愛が成就し、その後も結婚出産という普通なら幸せ一直線の展開なのに、それなのに、どうして奈落の底に落とさなければならないのでしょう。それも、嫁と娘という二段構えでもってこられれば、廃人生活になってもおかしくはさそうなもの。それがなんだか知らない異世界との繋がりのみによって幸福な世界に変貌してしまったのです。あまりにも唐突に今までのことはチャラにしてくださいと言われたような気がして、それまで悲しみに暮れた涙を返してくれ、と途方にくれたくもなります。アマゾンのカスタマーを見ても同じような意見のようですし。

 その異世界の住人!?と思われる様子はなんだか普通ではなかった。一面雪景色で行き倒れたかと思うと、突然「私は神になるの」と言わんばかりのとんでも発言。…ここ笑うところですか、と思わず突っ込みたくなりましたが、きっとそんなことをしては負けなんでしょう。実際は「なんて素晴らしい展開なんだ、感動した」と涙咽ぶのが正解。そんな風に素直に物語を楽しめないものですから、この最終話では急速に世界が遠のいてしまいました。

  

テーマ : 普通の日記
ジャンル : アフィリエイト

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
line
FC2カウンター
line
最新記事
line
リンク
line
お勧めの本紹介


有本香/幻冬社
発売中


渡邉哲也/ワック
発売中


余命プロジェクトチーム
青林堂/発売中


エドワード ルトワック
奥山真司(訳)
文藝春秋/発売中


青山繁治/飛鳥新社
発売中


百田尚樹/飛鳥新社
2017/6/15


和田正宗
青林堂
発売中


仲村佳樹/白泉社
2017年9月日
(41巻)


(原作)米澤穂信
(漫画)タスクオーナ
角川書店
2017年月日
(11巻)


石黒正数/少年画報社
発売中
(16巻)


蒼樹うめ/芳文社
2017年月日
(10巻)

line
カテゴリ
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
プロフィール

胡蝶一炊

Author:胡蝶一炊
FC2ブログへようこそ!

line
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

line
最新コメント
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line