スポンサーサイト

                        
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

コミック スキップビート 22巻

                         
 スキップビート22巻、読ませてもらいました。正直、新たに生まれ変わったナツが、こんなにも魅力的なキャラとして登場してくるとは夢にも思いませんでした。立ち居振る舞いから醸し出されるナツのオーラからは、もはや最上キョーコの面影なんて微塵も感じられません。それくらい強烈なインパクトがキョーコの演じるナツにはありました。これは「ナツ姫」なんて生易しいものではなく、「ナツお嬢様」と形容していいくらいの、女子高生達が憧れるカリスマ的リーダーが光臨したといっても過言ではありません。
 
 見た目のビジュアルショックもありましたが、その容貌によって発せられる言動にも驚かされました。
20巻で『あ~~~あ、退屈、何か面白いことないかな~~~~~』という台詞に困窮していたとは思えないくらい、ナツの態度にはその台詞に頼らなくても、その雰囲気がダイレクトに伝わってくるのです。

 上から目線で発言しながらも、周りの状況を的確に把握するばかりか、その問題をどうすれば丸く収まるのかまでを瞬時に判断してしまうナツ。全てにおいて他を圧倒する実力を見せつけられれば、誰だって白旗を揚げてしまいます。

 今回のターゲットとなっている天宮千織は、自分が負けているような気分で落ち込んでいることから、素直にキョーコの実力を認めたがりません。それどころか、密かに敵意を溜め込んではあわよくばキョーコを陥れようと画策するのですが、どうやらキョーコ演じるナツには最初からバレていたようです。それどころか、そんな危険ともいえるような状況さえも、退屈しのぎのゲームとして楽しんでいる節があったりします。

 そんな恐ろしいまでに捩れた発想をしてるはずなのに、不思議と嫌悪感はなく、むしろ、好感すら抱けてしまう程だったりします。それ故に、飛びぬけた実力者ナツに掛かれば、千織に縛られている暗くて深い闇なんかも軽く吹き飛ばしてくれるのでは、という期待にもきっと応えてくれるはずです。

  FC2ブログランキング参加中

 にほんブログ村 アニメブログへ
 にほんブログ村  宜しければこちらからもどうぞ

   

テーマ : 普通の日記
ジャンル : アフィリエイト

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
line
FC2カウンター
line
最新記事
line
リンク
line
お勧めの本紹介


有本香/幻冬社
発売中


渡邉哲也/ワック
発売中


余命プロジェクトチーム
青林堂/発売中


エドワード ルトワック
奥山真司(訳)
文藝春秋/発売中


青山繁治/飛鳥新社
発売中


百田尚樹/飛鳥新社
2017/6/15


和田正宗
青林堂
発売中


仲村佳樹/白泉社
2017年9月日
(41巻)


(原作)米澤穂信
(漫画)タスクオーナ
角川書店
2017年月日
(11巻)


石黒正数/少年画報社
発売中
(16巻)


蒼樹うめ/芳文社
2017年月日
(10巻)

line
カテゴリ
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
プロフィール

胡蝶一炊

Author:胡蝶一炊
FC2ブログへようこそ!

line
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

line
最新コメント
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。