アニメ 夏のあらし! 第9話 HERO(ヒーローになる時、それは今)

                         ついに、来るべき時を迎えた、といっても良いくらいいろんな意味でターニングポイントになりうる重要な話でした。例の面白い話もそうですし、肝心の中身も原作の1.5話分という今までにない進行スピードによって、物語は大きなうねりを見せ始めたようです。

 その面白い話に関しては今回も冒頭からスタートし、それも、どこかで聞いたような随意なる学び舎での物語だったりします。しかし、最後の決まった台詞を言おうとしたところで、やよゐは倒れてしまいます。今までおまけでしかなかったのに、突如のアクシデントによってこれからの本編と無理なくシンクロさせていく手法はお見事です。これにはオチもあったりしますがそれは後ほど。

 さて、肝心の本編では原作派にとってはお待たせともいえる、例の平行世界云々の話に突入しました。一やあらしが過去に飛んで人助けをすることで、助けられた人とそうでない人、二つの平行世界が存在するのではないか。しかも、本来死んでしまう人を救うことで、別の人の存在が消えてしまうのでは、という平行世界ならではの議論が繰りひろげられました。

 現時点ではリセットできる世界なのでは、という仮定の話に過ぎません。この手の話はこれまでにも別の作品で散々語られていましたし、夏のあらしも過去を改変すれば別の世界に飛んでしまう線で話が進められています。そもそも今回までの話では並行世界の可能性が高いようにしか思えないことでしょう。

 だがしかし、原作通りなら次回、そこら辺の説明を兼ねた捻りの利いた種明かしの片鱗を見せてくれるはずですから、それを見てもらえれば、夏のあらしという作品はただものではない、ということを実感してもらえるものと思っています。それくらい、今話の重要性は極めて高いですし、次回への前振りとしての意味合いもこれまでにないくらいの壮大さを感じられてなりません。

 とはいえ、EDを見るとキャストにネタバレがあったことに気づきちょっと残念。こういうのはもう少し配慮があってもよかった気がします。

 それはそれとして、それにしても1985年は懐かしいものですね。この年はスーパーマリオが登場してファミコンが正に全盛期へと駆け上がっていく年でした。原作では8ビットとファミコンのみでしたが、アニメでは変わりにいろんなソフトのタイトルが所狭しと貼られていました。ほとんどがファミコンソフトで一部MSX(ハイドライドね)がありましたが、残念ながら右端のファンタ~が最初判りませんでした。

 それならと調べてみたところ、タイトルが判明しました。その名もファンタジアンというもので、機種もPC8800シリーズという非常に懐かしいパソコン向けソフトだったのです。ちなみに自分は未プレイでして、ゲームとしてもそれこそ黎明期に相応しいウィザードリータイプのダンジョンにウルティマタイプの戦闘システム、という今では古典的なRPGだったようです。そういえば、当時は家庭用からパソコンまでごちゃ混ぜに並べて販売してて、その光景が今でも目に焼きついています。

 今と比べると当時のゲームなんてショボイグラフィックにしか見えないでしょうが、一が「凄くないところが凄い」というように、そんなグラフィックの中に夢が一杯詰まっていたのも確かで、だからこそ空前のファミコンブームというものがあったのだと思います。

 閑話休題

 ついつい懐かしさのあまり脱線してしまいました。さて、加奈子が本編に堂々と登場し周りの状況も少しずつ整理されてきました。SF的なカラクリの謎に関することも含めて、次回以降は絶対に見逃せない展開が続くこと間違いなしです。

 そうそう、面白い話のオチについて。まるで「まいっちんぐ」とほぼ同じ説明でありながら「その指導者の決まった・く・ち・ぐ・せ」で判る人にはお馴染みのポーズから「絶望(した)」とくれば、もうそれ以上の解説は不要ではないかと。エンドカードでもそれを示唆するかのようなイラスト(というよりその作者)になってます。いずれも製作したのは同じシャフトということを抜きにしても、素晴らしいネタのコラボレーションだったのではないかと。

  FC2ブログランキング参加中

 にほんブログ村 アニメブログへ
 にほんブログ村  宜しければこちらからもどうぞ

   

テーマ : 普通の日記
ジャンル : アフィリエイト

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『夏のあらし!』第9話「HERO(ヒーローになる時、それは今)」

潤の活躍しない話なんておもしろくねえや。けっ。 いちおう急展開みたいだけど、潤が活躍しないからどうでもいいや。けっ。 あらしがどうなるのか心配だけど、潤が活躍しないからどうでもいいや。けっ。 タイムパラドックスがどうのこうのといまさらながら語っているけ...

夏のあらし 第09話 感想

 夏のあらし  第09話 感想  『HERO(ヒーローになる時、それは今)』  -キャスト-  嵐山小夜子:白石涼子  八坂一:三瓶由布子 ...

夏のあらし! 第9話「HERO(ヒーローになる時、それは今)」

博士「カオス過ぎるんだよwww」助手「流石新房監督としか言い様がないwww」...

夏のあらし! 第9話「HERO(ヒーローになる時、それは今)」(感想)

こちらは感想です(内容前半・後半)消費期限切れのしめ鯖を過去の自分に食べさせてくれとマスター(一の毒味付き)牛乳で実験が出来なかったから…ではありませんがマスターの冷蔵庫には賞味・消費期限切れ食品に事欠かない様です。関サバがもったいないのはわかりますけどね...

(アニメ感想) 夏のあらし! 第9話 「HERO(ヒーローになる時、それは今)」

夏のあらし!VOL.1【初回限定版】 [DVD]クチコミを見る 方舟でマスターからある頼み事をされる一たち。その内容は、賞味期限が切れたサバの刺身をタイムトリップで過去に戻って食べられるようにしてくれというものだった。カヤは無理だと断るが、マスターはサバの刺身に...

夏のあらし! 第9話「ヒーローになる時、それは今」 感想。

話が一気に進んだというかなんというか

夏のあらし! 9話レビュー

遂に来ました「絶望した」いつか来るだろうとは予想していましたが、ここで来るとは。って感じです。紙芝居の女の子は設定的にもビジュアル...

夏のあらし! 第9話「HERO(ヒーローになる時、それは今)」

夏のあらし!の第9話を見ました。第9話 HERO(ヒーローになる時、それは今)方舟でマスターから一達は、賞味期限が切れたサバの刺身をタイムトリップで過去に戻って食べられるようにしてくれという頼み事をされてしまう。カヤは無理だと断るが、マスターはサバの刺身に未練...

夏のあらし! #9

【HERO(ヒーローになる時、それは今)】 絶望した!ネタのアニメキャラを知っていた自分に絶望した!

夏のあらし! 第9話「HERO(ヒーローになる時、それは今)」

前話で「賞味期限切れの牛乳」のタイムパラドックスを考察して、今回は「賞味期限切れのしめ鯖」で再びおさらいする「夏のあらし!」の第9話。 同じ題材の繰り返しでパッと見、甚だしい手抜きに感じられる向きもあろうが、演じるキャラクターたちにとっては決して同じド

夏のあらし! 第9話「HERO」(ヒーローになる時、それは今)

 やっと加奈子とやよゐが本編に絡んで来ましたね。加奈子があらしに会いに来た今回のシーンを原作で見たとき、何だか怖かったのを覚えています。実際アニメでも加奈子は不気味で怖いのですけど。

夏のあらし! 第9話「HERO(ヒーローになる時、それは今)」

終盤なのでやっと本筋の展開かな。 一が歴史を変えたら、歴史の変わった世界に跳んでるんじゃないかって疑問を。 変わる前の世界はどうなる...

夏のあらし! #09 HERO(ヒーローになる時、それは今)

牛乳パラドックスに続いてしめ鯖パラドックス? やよゐさん&加奈子さんもいよいよ本編登場です。

夏のあらし! 第9話「HERO(ヒーローになる時、それは今)」

ついにタイムパラドックスのお話が

夏のあらし! 第9話「HERO(ヒーローになる時、それは今)」

「これでもずいぶん戻った方なのよ」 やよゐの為に、加奈子があらし達に接触をする話。 前々回で「やよゐと加奈子の話に期待する」と言い...

夏のあらし! 第9話「HERO(ヒーローになる時、それは今)」

報われた想い。

夏のあらし!・第9話

「HERO(ヒーローになる時、それは今)」 前回に引き続いての、賞味期限ネタ。そして、机の傷に、過去に助けた人。そこで生まれるタイムパラ...

夏のあらし! 第9話 「HERO」

夏のあらし! 第9話 「HERO」 方舟でマスターからある頼み事をされる一たち。頼みの内容は、賞味期限が切れたサバの刺身をタイムトリップで...
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

Re: No title

>  こんにちは。
>
>  一の平行世界のお話が面白かったです。ここの部分原作未読なのですが、拝見するところ次回の展開も期待できそうですね。

 そうなんです。今回の9話から最終(おそらく13)話まで見てもらえれば、夏のあらしのものの見方考え方が大分はっきりしてくると思うんです(あくまでも原作通りならという前提ではありますが)。そうすれば何故何の説明もなく1話で主要キャラを登場させたのか、という部分も含めて最初から(特に原作通りの話の部分)見直してもらうと、改めていろいろな発見があってより楽しめるようになると思います。

No title

 こんにちは。

 一の平行世界のお話が面白かったです。ここの部分原作未読なのですが、拝見するところ次回の展開も期待できそうですね。
line
line

FC2Ad

line
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
FC2カウンター
line
最新記事
line
リンク
line
お勧めの本紹介


百田尚樹/新潮社
発売中


余命プロジェクトチーム
青林堂/発売中


余命プロジェクトチーム
青林堂/発売中


青山繁治/ワニ・プラス
発売中


百田尚樹/新潮新書
発売中


青山繁治/扶桑社
発売中


和田正宗/藤井実彦
藤岡信勝/田沼隆志
イースト新書
発売中


仲村佳樹/白泉社
2017年9月日
(41巻)


(原作)米澤穂信
(漫画)タスクオーナ
角川書店
2017年月日
(11巻)


石黒正数/少年画報社
2017年月日
(16巻)


蒼樹うめ/芳文社
2016年11月26日
(9巻)

line
カテゴリ
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
プロフィール

胡蝶一炊

Author:胡蝶一炊
FC2ブログへようこそ!

line
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

line
最新コメント
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line