アニメ コミック 夏のあらし!

                         どうにもならない現状を嘆いてばかりいても仕方がないので、今しばらくは自分のしたいことをしたいようにしてみることにしました。そのお陰といってはなんですが、時間のほとんどを趣味に費やすことで今まで気づかなかったことを発見したのであります。

 それは何か、4月期からスタートしたアニメ夏のあらし!の素晴らしさに遅蒔きながらも気づかされました。そもそもこの作品はこちらの都合上2話から視聴し始めたのですが、その時から不思議に思っていたことがあります。

 これは原作のコミックを読んでみると判るのですが、実はアニメ版の2話は原作の1話だったのです。自分もアニメを見ていて「これって1話っぽくね」と思っていました。つまり、2話のつもりで構えていたら、まさかの2話目で原作の1話を放送していたのです。後でアニメ1話をyou tubeで確認してみると、なんと原作3巻でやってることをしていて二度びっくりしました。とはいえ、この手の時系列の順番を変えるくらいなら他でもやってましたし、このくらいではなんとも思っていませんでした。

 夏のあらし!に対する評価が急上昇したのは、本編での細かな仕掛けに感心するようになってからです。何気ない空の景色も、2話で現実とは異なるスクロールをさせることで、ここが別世界であることを強調したかったのでしょう。2話では他にも、遠近感の表現で遠近にいる人間の大きさを逆にしてみたり、坂道を登ってるはずなのに実際は直線に進んでるように見せたりなど、あるべき構図をおちょくるような面白い仕掛けがありました。このような現象で作品の方向性がリアルとは間逆にあることを印象づけたからこそ、タイムスリップというSFならではのギミックに対しても抵抗なく入り込めたのではないでしょうか。

 などといってきましたが、アニメや原作で「細かいことなんてどうでもいいや」なんていってるように、この作品に関しては難しく考えなくても楽しめる作品にはなっています。2話からとはいえ、導入部分で作品の世界への誘導に成功しているからこそ、余計なことは考えず今そこで展開されている映像を素直に楽しめるのだと思います。これまでも一筋縄ではいかない展開を繰り広げていましたので、これからもより意表をつく仕掛けで視聴者を楽しませてくれることを期待してます。

    

テーマ : 普通の日記
ジャンル : アフィリエイト

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
FC2カウンター
line
最新記事
line
リンク
line
お勧めの本紹介


百田尚樹/新潮社
発売中


余命プロジェクトチーム
青林堂/発売中


余命プロジェクトチーム
青林堂/発売中


青山繁治/ワニ・プラス
発売中


百田尚樹/新潮新書
発売中


青山繁治/扶桑社
発売中


和田正宗/藤井実彦
藤岡信勝/田沼隆志
イースト新書
発売中


仲村佳樹/白泉社
2017年9月日
(41巻)


(原作)米澤穂信
(漫画)タスクオーナ
角川書店
2017年月日
(11巻)


石黒正数/少年画報社
2017年月日
(16巻)


蒼樹うめ/芳文社
2016年11月26日
(9巻)

line
カテゴリ
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
プロフィール

胡蝶一炊

Author:胡蝶一炊
FC2ブログへようこそ!

line
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

line
最新コメント
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line