辻元清美疑惑から芋づる式にニッポンで隠された深い闇が顔を出してきた

                         
 報道特注(右)【辻元疑惑追及SP 後編】深い闇!関西生コンと衝撃の関係 野田中央公園のウラ 足立康史 和田政宗 SPゲスト有本香

 この動画では山口氏や有本氏などによる明解な解説をされていたとは思います。これによってニッポンに隠された深い闇(辻元清美、沖縄基地外活動、関西生コン、極左暴力集団、反日朝鮮団体、マスゴミ、地歴)が存在することが誰の目にも理解できるはずです。ただ、彼等はプロのジャーナリストということもあって、何らかの諸事情で全てを断言できない立場にあるようなので、ここから先は自分自身が突っ込んで調べてみました。
 
 ちなみに、キーワードは

「 関西生コン 中核派 辻元清美 小沢一郎 砂利 利権 同和 部落 」で検索し、現時点での検索でトップになっていたのがこちら、

 辻元清美と北朝鮮、在日と同和、そして脅迫

 このサイトの冒頭で

 >森友問題を追及すれば倒閣できると、喜び勇んで前のめりで突っ込んだ挙げ句、芋づる式に何かが出てきたナウ

 ①辻元副国交大臣時代の隣接地12億円⇒2000万円の払い下げ発覚
 ②辻元⇔生コン繋がりのヤバい話が浮上
 ③小沢一郎⇔北朝鮮川砂利利権が浮上 ←今ココ

 >うわっ‥この人、掘り出すと、芋ズル式に「同和利権」や「北朝鮮利権」のオンパレードやないですか…

 以上のように語られている説明が最近の流れの全てであり、このサイトにある情報こそ、本来ニッポンで議論しなければならない深い闇だったことが立ちどころに理解できると思います。もちろん、ここのでの説明が100%事実だと言うつもりは毛頭もございませんが、少なくとも山口氏、有本氏の説明とかなりの部分で合致することは間違いないです。更に突っ込んで言えば、もしこの内容が全て事実なのだとしたら、恐らく自民党もただでは済まないのかもしれませんが、それ以上に民進党、共産党、社民党、自由党の所謂野党連合は壊滅状態に追い込まれてしまう程の衝撃的な情報ではないかと。

 だからこそ、辻元清美はマスゴミに対して言論弾圧をしてまで事実を隠蔽しようと躍起になるのでしょう。下手したら辻元は再び刑事事件でしょっ引かれかねないですし、民進党や共産党その他野党、マスゴミ、極左暴力団体にまで波及してしまうことに恐怖を感じたのかもしれません。それを考えると、今回の辻元絡みによる一連の疑惑は少なくともネット界隈では徹底的に洗い出して真相を追及するべきだと思いました。

 それにしても、反日極左暴力革命側が執拗なまでに追求し続けてきた森友学園問題、無駄なまでに長時間を掛けた事が仇となって今やそれがブーメランとして戻ってきたというのですから笑えます。否、この問題自体は全くもって笑えませんが、せっかく極左側がわざわざネタを提供してきやがりましたので、そこは粛々と利用してニッポンに巣食う諸悪の根源を撲滅に導く流れに持っていきたいものですな。


  FC2ブログランキング参加中

 にほんブログ村 ニュースブログへ
 にほんブログ村
 
 

テーマ : 普通の日記
ジャンル : アフィリエイト

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
FC2カウンター
line
最新記事
line
リンク
line
お勧めの本紹介


有本香/幻冬社
発売中


渡邉哲也/ワック
発売中


余命プロジェクトチーム
青林堂/発売中


エドワード ルトワック
奥山真司(訳)
文藝春秋/発売中


青山繁治/飛鳥新社
発売中


百田尚樹/飛鳥新社
2017/6/15


和田正宗
青林堂
発売中


仲村佳樹/白泉社
2017年9月日
(41巻)


(原作)米澤穂信
(漫画)タスクオーナ
角川書店
2017年月日
(11巻)


石黒正数/少年画報社
発売中
(16巻)


蒼樹うめ/芳文社
2017年月日
(10巻)

line
カテゴリ
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
プロフィール

胡蝶一炊

Author:胡蝶一炊
FC2ブログへようこそ!

line
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

line
最新コメント
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line