ソースはお前、(シナ朝鮮に媚び諂う)沖縄タイムス(比喩)による安定の自爆ブーメラン

                         
 沖縄タイムス「けしからん!それは誰からの情報なのか明示せよ」 「沖縄タイムスです」 「えっ、そんなこと書いたっけ…」

 東京新聞が一面に謝罪記事掲載、「ニュース女子」沖縄報道巡り「弊社主幹が出演していたが、事実に基づかない」

 『安倍支持者は糞野郎の集まりだ』と毎日新聞が”必死の罵倒”を紙面上で連発。日本の政権は排外主義者の集まり

 反日極左暴力革命側の悪名高き得意技の一つとして「自爆ブーメラン」が挙げられます。よくある例えとして、とある問題で気に入らない相手を非難したとします。しかし、実際には相手側には何の落ち度もないばかりか、逆に非難した側が過去に同様の問題をやらかしていたことが発覚。これを今回の件に置き換えると、沖縄タイムスが「ならば情報源となる証拠を示せ」などとのたまったところ、「過去の同紙でその問題を裏付ける決定的な証拠を示していた」魚拓がネットで暴かれてしまいました。(シナ朝鮮に媚び諂う)沖縄タイムス(比喩)らしい、盛大な自爆ブーメランではないでしょうか。
 
 当然のことながら、(シナ朝鮮に媚び諂う)沖縄タイムス(比喩)はこうした過去を知っていようが知るまいが、いつもの厚顔無恥な姿勢で事実を無視しています。そうなると結局その場凌ぎで嘘をつくしかなくなり、結果矛盾だらけの支離滅裂な文章であることをネットで指摘されまくる悪循環に。こんな低レベルの文章でいいのなら自分でも書けそうですが、こんな反日プロパガンダを推奨するようなところで働く気は一切ないです。

 何故(シナ朝鮮に媚び諂う)沖縄タイムス(比喩)と揶揄するか。それは、シナ朝鮮絡みのニュースになると途端に事実報道しなくなるからです。シナ朝鮮が罪を犯しても大抵は報道しませんし、良くて通名でしかも中面の小さなベタ記事になるのが関の山。むしろ、このような隠蔽工作をすればする程、シナ朝鮮に対する印象はより悪くなるということを(シナ朝鮮に媚び諂う)沖縄タイムス(比喩)は果たして気がついているでしょうか。

 このところ、(シナ朝鮮に媚び諂う)沖縄タイムス(比喩)のみならず、(変態)毎日新聞(比喩)や(トンキン)東京新聞(比喩)なんかも連日発狂だけして具体的な指摘は皆無なフェイク記事を垂れ流し続けているようですし、2017年になってマスゴミの精神分裂病っぷりに益々拍車が掛かって来ていることを実感する今日この頃であります。


  FC2ブログランキング参加中

 にほんブログ村 ニュースブログへ
 にほんブログ村
 
 

テーマ : 普通の日記
ジャンル : アフィリエイト

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
line
FC2カウンター
line
リンク
line
お勧めの本紹介


百田尚樹/新潮社
発売中


余命プロジェクトチーム
青林堂/発売中


余命プロジェクトチーム
青林堂/発売中


青山繁治/ワニ・プラス
発売中


百田尚樹/新潮新書
発売中


青山繁治/扶桑社
発売中


和田正宗/藤井実彦
藤岡信勝/田沼隆志
イースト新書
発売中


仲村佳樹/白泉社
2017年3月日
(40巻)


(原作)米澤穂信
(漫画)タスクオーナ
角川書店
2017年月日
(11巻)


石黒正数/少年画報社
2017年月日
(16巻)


蒼樹うめ/芳文社
2016年11月26日
(9巻)

line
最新記事
line
カテゴリ
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
プロフィール

胡蝶一炊

Author:胡蝶一炊
FC2ブログへようこそ!

line
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

line
最新コメント
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line