氷菓 第9話 古丘廃村殺人事件

                         
 一口に推理ものといっても人によって捕らえ方が違う、というのが今回の趣旨になっていると思います。3人の関係者からの意見は3者3様で「斬新でど派手な演出好き、大雑把な推理を雄弁と語る自己陶酔型、ミステリーといえばホラーに決まってるでしょ」といった按配でした。この中ではミステリーとホラーはある意味同じジャンル、という考え方が自分的には一番の驚きでした。確かにものは考えようで、どちらも連続殺人事件を起こせますし、犯人の正体が生者が死者かの違いを除けば、そこで引き起こされる恐怖は一緒と言えるかもしれません。
 
 小道具班による死体の腕が切り落とされるアドリブ演出によって足りなくなった血糊を用意する必要がでてきた、でいいのでしょうか。ここまでの話を聞いている限り、3人共嘘なり勘違いをしているような気がして、実際のところどこまで信じていいのか判りません。少なくとも脚本家本郷は丈夫なザイルを用意させ、別にもう一人出演者を探していた、これらは事実だったと思いたいです。それにしても話が別の方向に錯綜していった印象だったからか頭の中はこんがらがる一方で、とても真相には辿り着けそうにありません。


   


  FC2ブログランキング参加中

 にほんブログ村 アニメブログへ
 にほんブログ村  宜しければこちらからもどうぞ

テーマ : 普通の日記
ジャンル : アフィリエイト

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【氷菓 第9話 古丘廃村殺人事件】

  一口に推理ものといっても人によって捕らえ方が違う、というのが今回の趣旨になっていると思います。3人の関係者からの意見は3者3様で「斬新でど派手な演出好き、大雑把な推理を雄弁と語る自己陶酔型、ミステリーといえばホラーに決まってるでしょ」といった按配でし?...
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
line
FC2カウンター
line
最新記事
line
リンク
line
お勧めの本紹介


有本香/幻冬社
発売中


渡邉哲也/ワック
発売中


余命プロジェクトチーム
青林堂/発売中


エドワード ルトワック
奥山真司(訳)
文藝春秋/発売中


青山繁治/飛鳥新社
発売中


百田尚樹/飛鳥新社
2017/6/15


和田正宗
青林堂
発売中


仲村佳樹/白泉社
2017年9月日
(41巻)


(原作)米澤穂信
(漫画)タスクオーナ
角川書店
2017年月日
(11巻)


石黒正数/少年画報社
発売中
(16巻)


蒼樹うめ/芳文社
2017年月日
(10巻)

line
カテゴリ
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
プロフィール

胡蝶一炊

Author:胡蝶一炊
FC2ブログへようこそ!

line
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

line
最新コメント
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line