儚くも切ない最終回だった さよなら絶望先生 第301話 「さよなら絶望先生」

                         
 最後にウエディングドレス姿(しかも美麗なカラー)で天使の羽を舞い散らせながら現れた風浦可符香だけでも十分に切ないものを感じました。彼女の存在に対する見解も程よい匙加減で想像の余地を残していたことも切なさをより効果的なものにしていたのではないでしょうか。ちなみに、オレンヂさん(http://orangeorange.jp/archives/21056)の私見にもあるように、今回だけでなくこれまでにもそれとなくネタが意図的にせよ後付にせよ、いろいろと散りばめられていて、そこで指摘されている数々を見ると、可符香のことがより一層愛おしくなってきてしまいます。
 
 ある程度振り幅がある、ということは人によってはどのようにでも解釈することが許されてる、ということでもあると思います。不完全な部分が残されているが故に、これまで表現されてきた要素(台詞、キャラ、背景)全てにおいていろいろな憶測や仮説なんかが今後でてくることでしょう。もしかしたら単行本最終巻となる30巻で何かしらつけたしがあるかもしれませんが、何はともあれ、ここまでの段階でも十分に様々な妄想を多方面に膨らませられる素晴らしい作品を作り上げてくれてありがとうございました。


   


 


  FC2ブログランキング参加中

 にほんブログ村 アニメブログへ
 にほんブログ村  宜しければこちらからもどうぞ

テーマ : 普通の日記
ジャンル : アフィリエイト

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【儚くも切ない最終回だった さよなら絶望先生 第301話 「さよなら絶望先生」】

  最後にウエディングドレス姿(しかも美麗なカラー)で天使の羽を舞い散らせながら現れた風浦可符香だけでも十分に切ないものを感じました。彼女の存在に対する見解も程よい匙加減で想像の余地を残していたことも切なさをより効果的なものにしていたのではないでしょうか...
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
line
FC2カウンター
line
最新記事
line
リンク
line
お勧めの本紹介


有本香/幻冬社
発売中


渡邉哲也/ワック
発売中


余命プロジェクトチーム
青林堂/発売中


エドワード ルトワック
奥山真司(訳)
文藝春秋/発売中


青山繁治/飛鳥新社
発売中


百田尚樹/飛鳥新社
2017/6/15


和田正宗
青林堂
発売中


仲村佳樹/白泉社
2017年9月日
(41巻)


(原作)米澤穂信
(漫画)タスクオーナ
角川書店
2017年月日
(11巻)


石黒正数/少年画報社
発売中
(16巻)


蒼樹うめ/芳文社
2017年月日
(10巻)

line
カテゴリ
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
プロフィール

胡蝶一炊

Author:胡蝶一炊
FC2ブログへようこそ!

line
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

line
最新コメント
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line