氷菓 第7話 正体見たり

                         
 ネタの感覚的には第3話で登場した遠垣内の隠蔽工作に近いものがありました。彼の時ほどの切迫感や緊張感はありませんでしたが、今回のような小さな子供が必死に考えていた背景を考えると、むしろ微笑ましいとさえ思うようになりました。もっとも、他所で異様に反応があったのは、温泉での演出や奉太郎とちーちゃんのカップリングに関してでしたね。自分にはそういうところには疎いようなので、ここではやはり自分なりに感じたことを話していこうと思います。
 
 ちーちゃんと摩耶花が見た首吊りの影に関する謎の解明を通して、ちーちゃんは善名姉妹は仲が悪いという印象をもったようです。アニメオリジナルの演出とされる姉妹の仲睦まじそうなワンシーンを最後に挿入したのも、その印象を中和しようとの意図があったのではないかと。

 しかし、個人的には仮にそれがなかったとしても、姉妹の仲が悪かったかどうかを断定する決定的な要素はなかったと思います。ラストのカットを除けば姉妹の普段の様子はありませんでした。総じて姉妹で登場する場面は姉の梨絵の方に主導権があり、妹の嘉代はそれに従っていました。二人の相反する性格と主従関係以外は細かな描写(普段の様子等)がないので、そうした足りない部分は想像で補うより他ありません。これは善名姉妹に限らず、この作品全体でもいえることで、そうした作中で語られてない部分をあれこれと想像できる余地をわざと残しているのかもしれません。


   


  FC2ブログランキング参加中

 にほんブログ村 アニメブログへ
 にほんブログ村  宜しければこちらからもどうぞ

テーマ : 普通の日記
ジャンル : アフィリエイト

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012年02クール 新作アニメ 氷果 第07話 雑感

[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第07話 「正体見たり」 #kotenbu2012 #ep07 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな内容なのか楽しみ。 OP...

まとめtyaiました【氷菓 第7話 正体見たり】

  ネタの感覚的には第3話で登場した遠垣内の隠蔽工作に近いものがありました。彼の時ほどの切迫感や緊張感はありませんでしたが、今回のような小さな子供が必死に考えていた背景を考えると、むしろ微笑ましいとさえ思うようになりました。もっとも、他所で異様に反応が?...

氷菓 第7話 「正体見たり」

 えるの描き方があざといというか……
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
line
FC2カウンター
line
最新記事
line
リンク
line
お勧めの本紹介


百田尚樹/新潮社
発売中


余命プロジェクトチーム
青林堂/発売中


余命プロジェクトチーム
青林堂/発売中


青山繁治/ワニ・プラス
発売中


百田尚樹/新潮新書
発売中


青山繁治/扶桑社
発売中


和田正宗/藤井実彦
藤岡信勝/田沼隆志
イースト新書
発売中


仲村佳樹/白泉社
2017年9月日
(41巻)


(原作)米澤穂信
(漫画)タスクオーナ
角川書店
2017年月日
(11巻)


石黒正数/少年画報社
2017年月日
(16巻)


蒼樹うめ/芳文社
2016年11月26日
(9巻)

line
カテゴリ
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
プロフィール

胡蝶一炊

Author:胡蝶一炊
FC2ブログへようこそ!

line
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

line
最新コメント
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line