シュタインズゲート 第18話 自己相似のアンドロギュノス

                         るか子メインで気になること

 岡部(以下キョーマ)との出会いを記憶していたことはフェイリスと同じように、前の世界線の記憶を思い出した、ということなんでしょうか。それとも、世界線が移動したとしても、記憶の改竄は一定の期間だけ、なんてこともありうるのでしょうか。
 
  なぜこのような疑問を抱いたしまうのか。それは、世界線を移動したとしてそれがどの程度変化したかは、現状では人から直に尋ねるより他に術がないからです。フェイリスは前の世界線での記憶との混同を自覚していました。それがるか子では過去と現在とでは性別が違うのに世界はひとつに繋がっている、そんな認識をしていました。二人の認識のズレはどうして起こるのか。世界線が移動することで人々の記憶がどのようにして書き換えられているのか、そこには一体どのような仕組みが施されているのでしょうか。

 キョーマとの始めての出会いでるか子を励ました「男とか女とか関係ない。そんなのはどうでもいい」は名台詞ですね。自分らしくあることが何よりも大切であり、そこに自信を持っていれば誰に何を言われようが気にすることはない。そんな揺ぎない信念を雄弁に語るキョーマにるか子は惚れてしまったのでしょうね。


   

  FC2ブログランキング参加中

 にほんブログ村 アニメブログへ
 にほんブログ村  宜しければこちらからもどうぞ

テーマ : アフィリエイト ブログ
ジャンル : アフィリエイト

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
line
FC2カウンター
line
最新記事
line
リンク
line
お勧めの本紹介


有本香/幻冬社
発売中


渡邉哲也/ワック
発売中


余命プロジェクトチーム
青林堂/発売中


エドワード ルトワック
奥山真司(訳)
文藝春秋/発売中


青山繁治/飛鳥新社
発売中


百田尚樹/飛鳥新社
2017/6/15


和田正宗
青林堂
発売中


仲村佳樹/白泉社
2017年9月日
(41巻)


(原作)米澤穂信
(漫画)タスクオーナ
角川書店
2017年月日
(11巻)


石黒正数/少年画報社
発売中
(16巻)


蒼樹うめ/芳文社
2017年月日
(10巻)

line
カテゴリ
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
プロフィール

胡蝶一炊

Author:胡蝶一炊
FC2ブログへようこそ!

line
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

line
最新コメント
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line