スポンサーサイト

                        
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

コミック スキップビート 23巻

                         
 ついにナツの空恐ろしいまでに歪んだ性格が浮き彫りになったスキップビート最新刊。キョーコ演じるナツがどれだけ屈折した感情を抱えたキャラなのか、それが怖いくらいによ~く判るお話でした。
 
 ナツ自身が階段から突き落とされた後に妖しい微笑みをした時もちょっとしたものがありました。それ以上に、千織演じるユミカが我を忘れてちとせをイジメるシーンで浮かべた表情こそ、ナツの本性ともいうべき常軌を逸した感情の爆発に恐れを感じてしまいました。

 「いつの時代でも、決して自分では手を下さないものですよ、最後(クライマックス)まで、本当の、黒幕というものは」。言われてみれば悪の親玉という奴はなんでも部下に悪事を働かせる、そんなイメージがあるのは確かではないかと。千織に怪我をさせられたことに便乗し、演技の中で千織を挑発することでユミカに本気で肩代わりさせたことまでナツは計算していたのでしょう。そうすることで、ナツ自身は手を下すことなく、それでいて影からユミカを自在に操るという理想的な首謀者が誕生しました。

 元々ナツは女子高生が憧れるカリスマ的存在ということもあって、文武両道でスタイルも抜群だったりします。そして、類稀な才能がある故になんでも簡単にクリアしてしまえることが、きっとナツにとって退屈だったのでしょう。それ故に、気がつくと普通のことでは到底面白いとは思えない歪んだ感情が、ナツの中で生まれてしまったのではないかと。それがエスカレートするにつれて、刹那に快楽を得られればなんでもいいと考えるようになってしまったのでしょう。

 もはや平凡な娯楽では楽しめないナツの歪んだ性格を頭でも心でも理解したキョーコは、俳優としてまた一歩成長したのではないでしょうか。今後もダークムーンの未緒やナツのようなインパクトの強いキャラが登場することを期待してます。

  FC2ブログランキング参加中

 にほんブログ村 アニメブログへ
 にほんブログ村  宜しければこちらからもどうぞ

   

テーマ : 普通の日記
ジャンル : アフィリエイト

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
line
FC2カウンター
line
最新記事
line
リンク
line
お勧めの本紹介


有本香/幻冬社
発売中


渡邉哲也/ワック
発売中


余命プロジェクトチーム
青林堂/発売中


エドワード ルトワック
奥山真司(訳)
文藝春秋/発売中


青山繁治/飛鳥新社
発売中


百田尚樹/飛鳥新社
2017/6/15


和田正宗
青林堂
発売中


仲村佳樹/白泉社
2017年9月日
(41巻)


(原作)米澤穂信
(漫画)タスクオーナ
角川書店
2017年月日
(11巻)


石黒正数/少年画報社
発売中
(16巻)


蒼樹うめ/芳文社
2017年月日
(10巻)

line
カテゴリ
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
プロフィール

胡蝶一炊

Author:胡蝶一炊
FC2ブログへようこそ!

line
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

line
最新コメント
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。