アニメ 咲 -Saki- 第18局 繋がり

                         
 キタシ-(華菜のアスキーアート)-!!

 調子に乗るな池田ァ!

 にゃあああああああああああ…

 リーチせずにはいられないな

 そろそろまぜろよ

 池田涙目wwwwwwwwwwwwww

 本編を視聴された方なら概ね判ってもらえるとは思いますが、某掲示板ではこのような感じで賑わっていました。これは偏に、池田華菜キャラクターショーが先週以上に盛り上がった証左であり、そこで繰り広げられた異常ともいえる光景は、やっぱり見ていて面白いなあと思ってしまうのです。ここぞというベストなタイミングで挿入された名台詞は、俄かファンの自分が見ていても実に爽快なテンションになる演出だったと思います。

 ちなみに、エンドレスエイトはどうやら長いトンネルを抜けたようですので、今回は本編をじっくりと堪能してから感想を掲載しようと思っています。
 
 最終的には主人公であらせられる咲が勝利するのでしょうが、前回や今回の扱いを見る限り、主役はやはり華菜だったとしか思えません。華菜が魅せる豊かな表情は見ていて飽きないですし、何より己の気持ちに真っ正直なところもファンに対するアピール度が高かったように思います。ここ数話限定とはいえ、華菜の異常なまでの目立ちっぷりは、ファンの中で眠っていたスイッチを起こさせるだけの破壊力があったとみて間違いないです。

 その点、咲は主役なのに決勝戦に関しては、ここにきてようやく光明の兆しが見えたという段階で、ここから更に大逆転劇を演じることで、地味だった認識を変えられるといいのですが。華菜に限らず、各チームメイトの名場面が主役の咲と同列でしっかり作り込まれていることが、それぞれのファンにとっては至福の瞬間を生み出す結果、咲の印象が薄まる要因にもなりました。もう試合も大詰めですし、流石に咲のターンが増えて主人公らしい活躍をしてくれるはずです。

 さて、ここからは咲の能力に関する推測ですが、恐らく彼女はこれまで登場したライバル達の長所を全て兼ね備えているように感じます。中でも衣のように場を支配し、美穂子のように相手を救う振りをしながら自分が有利に進める戦略を用い、純や覚醒した華菜のように牌の流れを読み取る天性の能力、これら全てが咲自身の中で完全に目覚めれば、ラストでどんでん返しを演出する流れになることもアリかと。この活躍で一刻も早く「なんだかよく判らないけど、とにかく凄い」という認識を上回る何かしらの解答が導き出せるといいですね。

 一部で衣に関する記述がありましたので、自分なりの仮説を立ててみました。彼女が不調に陥った最大の原因は「得意の場の支配で全員の心を完全に折ることに初めて失敗したことに動揺した」からではないでしょうか。もちろん、咲が仕掛けた絶妙なアシストが功を奏したことも見逃せません。その結果、自分にとって絶対的な切り札が通用しないと悟ると、人は思考停止してしまうようです。これ以上の作戦がない、衣はそのように思い込んでしまったからこそ、極度の不振状態になってしまったような気がします。そこからどのように復活していくのか、それともそのまま自滅してしまうのか。こうして改めて考えてみると、衣の精神状態がどのような行く末を辿るのかも案外楽しみになってきました。

  FC2ブログランキング参加中

 にほんブログ村 アニメブログへ
 にほんブログ村  宜しければこちらからもどうぞ

   

テーマ : 普通の日記
ジャンル : アフィリエイト

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

咲-Saki- 第18話「繋がり」

予選が終わったら東京のスパで水着編!??(・ω・*) タコスちゃんがすごいことにw 咲ちゃんによって息を吹き返した池田! 思い出すのは...

咲-Saki- 18話レビュー

相変わらずデタラメです。ついに超人以外にも超能力が出てきました。まぁ今更だれが超能力を発揮しても驚くに値しませんがね。衣は衣で超人...

咲‐Saki- 第18話「繋がり」

「思い出したよ…。 私が一番麻雀をやっていた頃のこと」 池田が復活し、咲も本気を出し始める話。 原作を読んでないから分からんのです...

咲 -saki- 第18話「繋がり」

折れない絆。

咲-Saki- #18

絶体絶命の風越の池田でしたが、咲の2連続槓からの槍槓で息を吹き返しました。ここまで、いいとこなしの池田でしたが、ピンチを乗り切ってようやくエンジンがかかりました。絶叫をあ...

咲-Saki- 第18話「繋がり」

咲、反撃開始のキーワードは「生足」

咲 -Saki- 第18話  「繋がり」

咲 -Saki- 第18話  「繋がり」 槍槓を和了り、窮地を脱した池田。しかし最下位という状況は変わらず、挽回できるとは思えない点差が開いてい...

咲 -Saki- 第18局 「繋がり」

【菜の反撃はこれからと思ったら、普通に咲のターンでした。衣があまり目立たないので透華のアホ毛もしおれ気味。
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

Re: No title

 沙華さん、コメントありがとうございます。

 団体戦ということもあって咲の活躍する場面がなかなか見られなかっただけに、最後だけでも主人公としての意地を見せてもらいたいです。

No title

 こんにちは。

 咲の周りの子は目立っているのに、彼女自身は描かれ方が地味ですね。終盤のリンシャンは凄かったですけど、華菜の方が手役としては大きかったですしね。どうしても地味な印象がぬぐえません。和といると和の方が目立ちますしね。
 お話の展開上、逆転劇は規定路線ですが、どこまで彼女の魅力が表現されるか楽しみですね。いろんな伏線が張られていっているのも気になりますね。

line
line

FC2Ad

line
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
line
FC2カウンター
line
最新記事
line
リンク
line
お勧めの本紹介


百田尚樹/新潮社
発売中


余命プロジェクトチーム
青林堂/発売中


余命プロジェクトチーム
青林堂/発売中


青山繁治/ワニ・プラス
発売中


百田尚樹/新潮新書
発売中


青山繁治/扶桑社
発売中


和田正宗/藤井実彦
藤岡信勝/田沼隆志
イースト新書
発売中


仲村佳樹/白泉社
2017年9月日
(41巻)


(原作)米澤穂信
(漫画)タスクオーナ
角川書店
2017年月日
(11巻)


石黒正数/少年画報社
2017年月日
(16巻)


蒼樹うめ/芳文社
2016年11月26日
(9巻)

line
カテゴリ
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
プロフィール

胡蝶一炊

Author:胡蝶一炊
FC2ブログへようこそ!

line
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

line
最新コメント
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line